六甲高座ノ滝、地獄谷、風吹岩、キャッスルウォール、ブラックフェース、
荒地山から岡本へ
年月日 2018-01-12
山域 神戸市東灘区
ルート 阪急梅田10:00~芦屋川駅10:21~高座ノ滝10:48~地獄谷入口10:54~小便滝11:15~堰堤~
第一壁11:20~一本滝11:29~木札11:46~溝四角岩11:48~シダ道11:53~12:01風吹岩12:05
~キャッスル岩下12:20~最上段12:32~ブラックフェース下12:37~12:47テラス13:45~
ハシゴ13:52~荒地山14:01~水場14:20~魚屋道合流14:27~岡本分岐14:31~八幡谷分岐
14:40~山の神15:03~八幡谷出口15:15~八幡神社15:22~阪急岡本駅15:30~大阪へ
メンバー 単独
今回歩いた概略図
目覚めると快晴であり本年初めて何時ものコースを歩くことにした。
最低温度が0℃を切っており寒波、北陸方面の積雪も多いとかで六甲荒地山方面の情報確認に出かけた。高座ノ滝は水量が少ない。平日の遅い時間であり誰もいない。滝横の御堂に参拝して地獄谷へ降りた。赤線左ルートを取る、ここは素早く通過。

流れる沢水は少なく、飛沫が掛りバナナ状にツララが見られた。
沢の足場の水溜りも氷結はしていず普通に歩いて行く。
地獄谷以降の攻め方をついでに記しておく。
階段状の滝下部は一部氷結が見られたが注意して足を置いた。

小便滝はチョロチョロの水量だ。→方向のロックガーデン方へ6~7m歩き、左折して次にAケン上へのルートと別れ梅谷第二砂防ダム方へ曲がって登る。

小便滝

進入禁止の堰堤上の金網内部に記された梅谷第二砂防ダム看板を撮った。
堰堤を越して沢へ降りる。
写真の右突き当りから小滝の壁を登っていたが
去年10月末の21,22号台風の影響で水溜りが深くなり登山靴が濡れるので左から山へ高巻きして登るようになった。

高巻きした後、急斜面を根っ子に摑まりながら下り、沢に到着して振り返って沢から撮った写真である。危険はない。

右は次に来る一本滝であるが、これも手のホールド足場もあり安全に右から登っていける。
前方にこの石を見たら、左から右へ石の上を歩き越して行く。
このカメラ位置の
右の木にロック、万物相のマジック文字が見えるが右へ涸れ沢を登って行くとズリズリの
花崗岩の粉石に出会うが無理して登れば万物相の端に到着し、ここから風吹岩へ行く事も出来る。

木に書かれた見落としやすい「ロック、万物相」の文字が見える。
現場に来ると、はて?どうして登る?
なんら難しくなくて手前の石に乗って右石から登って行く。


(下)、沢を直進していたら左から小沢が合流してくるところに出る。木札が1枚木に取り付けられている。赤テープもある。この沢を踏み跡に従い登って行くと、風吹岩から保久良神社、阪急岡本駅方面への案内柱の近くへ出る。しかし踏み跡を間違ったら引き返すことである。
ここでは右へ進んでいく、これが風吹岩へ直登する地獄谷正規ルートである。
(上左):沢の水が枯れてきて、沢一杯に四角岩がはまっている。これを見たら赤印ルートを右から登り越す。

(上右):赤矢印の所に小藪があるがその左を登る、やや登りにくいがそこを過ぎたら湿り気や水気の多いルートを右斜め上へ登る。

(左)シダ一杯の道へ出たらOKだ中の空間を登って行く、後は急登になり汗、息がきつくなる。
振り返ると海が見下ろせるようになる。数分で人のざわめきや風吹岩437mの鉄塔が見えてくる。
左カメラ位置に12:01風吹岩437mに到着した。平日であったが昼時で10人位が昼食を摂っていた。
一息ついてから写真奥に向かって下る。風吹岩を下り
振返った
、日陰に雪が少し見られた。中央尾根を少し下りキャッスルウォール方向へ左折してどんどん下る。
キャッスルウォールが左手に見えて来た。誰もいないようだ。
高座谷に下るが案内板に従いキャッスルウォールへ下る。
キャッスルウォール下に来た、ロープで時折壁を登る人を見るが今日は誰れもいない。

安全なフリークライミングで登るのでこの岩場の左側へ歩く。ここを登るのに左と右へ取る2方向が有る。
今日はを取る。左はより安全ルートである。
キャッスルウォールを登りきると荒地山の岩石群が近くなる。ブラックフェースとテラスが見えていた。道畔道に合流し登る。
岩梯子へ到達手前から左下へ下っていく。右側へ目をやるとブラックフェースの広がり見える。
ロープ無で登るので壁の左端側へ移動する。
(左上):ブラックフェースの登り口である。

(右上):テラス下の岩場は左から右へ移動する、難しくはない。

(左):ブラックフェース上部のテラスである。何時も自分はここで休憩したり、昼食を摂ったりする。風吹岩、鉄塔が目の前に見える。右下に鉄リングが見えるがロープ固定に使用している。
快晴ではあったが風が冷たいので赤ルート上部へ今回は登って行き風の吹きこまない岩間で昼食を摂った。陽だまりでまったりした。

(下):岩の上から大阪南港方面の景色を撮る。
空気が澄んで遠くが見える。(下の下)はみさき公園の先端加太から地ノ島、沖ノ島、淡路島を見る。
周りの大岩群を撮った。それなりにボルダリングで取りついている山人がいる。

荒地山を目指して登って行くが雪が日陰に薄く残っていた。
14:01荒地山山頂549mに到着した。
右)下っていくが右、魚屋路へは右折する。ここを直進して下ると水場に到着する。
水場でボトルに汲む。ただし
ここは砂が混じるので登山者は茶こしの袋をホース先に取り付けて汲む。水場周りの気温は2℃を指していた。
ここを下り最高峰への魚屋路に合流し下り方向の風吹岩方を目指して歩く。途中
岡本への標識を見て右折する。
横池を左下に見て風吹き岩への標識左ルートは取らず右へ歩く。次の標識、八幡谷へのルート左へ下って行く。八幡谷へどんどん下る、登山道が箒目が時折あって掃除してくれているようで気持ちいい綺麗にした道が有る。ご苦労様です有難うさんです。
山の神かな?そこに出会い
阪急岡本駅目指して八幡谷に沿って下る。
八幡谷出口に15:15到着。
八幡神社、岡本駅はもうそんなに遠くはない。
お疲れ様。15:30頃の特急電車で梅田に向かった。
TOPページヘ