伏見稲荷大社から大岩山展望、伏見桃山城、明治天皇陵、御香宮神社へ
年月日 2017−12−23
山域 京都府伏見稲荷神社界隈
ルート 京阪京橋9:17〜9:59伏見稲荷駅〜10:09伏見稲荷大社10:24〜10:30神宝神社10:40〜
白菊の滝11:09〜F33分岐11:17〜F28分岐12帝陵へ11:30〜大岩山取着12:00〜12:20山頂
12:55〜13:43伏見桃山城14:00〜伏見桃山駅15:00
メンバー 秘密マン、こごせ、セージ、高やん、寅、せつこ、ゆめ、京子、pikku、maru、hidetyan、ブッチ、
禿羊、どんかっちょ!村民外2名(敬称略)   16名参加
今回歩いたGPSルート図
京橋から特急に乗り込んだが乗換駅の丹波橋では慌てて下車し、乗り換えた。稲荷駅前には広場が無くて少し歩いた公園で各自自己紹介した。
狭い道を進むが東南アジア系の観光客で溢れていた。
8年前2009−7−5にお参りした事がある。以来8年振りの訪問である。今回参加の寅さんの友人のネパールのモンちゃんに会えるのも久し振りでで楽しみである。
大鳥居(右上)から山門へ歩く、正月も近くなり賀正の旗も立っていた。本殿でお参りしておもかる石を持ち上げたりする。
千本鳥居をくぐって歩くがびっしりと観光客の行列である。逃げ場がなくて危なっかしい気持ちになった。
神宝神社へ右に千本鳥居から離れてホッツとした。人員確認したら寅さんとセージさんが見当たらない。神宝神社で暫く待つ、鳥居まで見に行ったが近場に姿は見れなかった。hidetyanがほら貝を取りだし音色が聞こえたら来るだろう?しかし現れず携帯が相通じて予定ルートを先行して歩く。
整備された竹林が春を待っていたり、整備中であったりを見ながら進んでいく。規模の小さな小滝を見ながら進み白菊の滝を確認して引き返す。
(左下)分岐で右側を取る。
(その下)の写真F33分岐で弘法の滝方面へ向かう。
竹林を歩いて行くと(下)「自然探索」のルート図があり、どうにか歩いてきた行程が分かってきた。(赤の標識現在地)
11:30頃遅れていた寅さんとセージさんは追いついてくれた。12帝陵を曲がる。
展望が開けて町中?を歩く感じである。
墓の所に六地蔵が有ったりする。
名神高速道の下をくぐる、仁明天皇深草陵の横を歩くが町屋が陵墓を
取り囲んでいる。陵墓への入り口は2m位と狭い。
お腹が空いて12時頃大岩山展望所登山口へ取りついた。
途中に変わった鳥居が有るな?これが京都の日本画家堂本印象が寄進した石像彫刻の鳥居で人物像や紋様が浮き彫りされた珍しい鳥居である。
展望所に到着して早速昼食になった。背後にはNTTの巨大なアンテナが見られた。食後ほら貝の吹き練習のこごせさん、モンちゃんは
音が出ていた。

下)前方中央遠く竹林の遠くに安土桃山城が見えていた。手前には太陽光で発電するパネルが見えている。
昼食後は左へ安土桃山城を目指して歩いて行く。
町中を歩く状態で途中に古御香宮があり見学して進んだ。
伏見北堀公園内に入り建屋を過ぎると前方にお城が見えてきた。まじかでお城を見上げ高やんから差入れのケーキを頂き一休みする。みかんも重たいのに昼食時PIKKUさんから頂き美味しかったです。ありがとうさん。
安土桃山城は以前遠くから見たことはあったがこんな近場に来たのは初めてで参加者の
バンダナショットを撮る。桓武天皇柏原陵と明治天皇陵を見学する。
明治天皇陵の前の石階段を下る、アスリート達が階段登りにチャレンジしていた。
ここから乃木将軍を祭った乃木神社を見学する。最後に
香宮神社
にお参りして御香水をペットボトルに汲む。
京阪伏見桃山駅から大阪京橋へ向かった。
hidettyan、参加の皆様有難うございました。
TOPページへ