台高山脈、大峠から伊勢辻山、馬駈け場辻ピストン
年月日 2017−05−27
山域 奈良県東吉野村 奈良三重県境
ルート JR関西線高井田駅6:45〜8:27大峠8:35〜三角点8:57〜雲ケ瀬山9:10〜地蔵谷頭10:20〜
伊勢辻10:40〜伊勢辻山10:46〜馬駈け場11:16〜11:25池横昼食12:00〜アカゾレ山12:07
〜伊勢辻山12:47〜地蔵谷頭13:08〜ハツピタワ13:55〜雲ケ瀬山14:19〜三角点14:36
〜大峠14:54〜高井田駅
メンバー こごせさん、寅さん、tetsuさん、maruさん、どんかっちょ!  5人
今回歩いた概略地図
今回もこごせさんから計画の連絡があり喜んで参加した。今回の企画に興味を持ったのは囲炉裏仲間の山けんさんが大台ケ原まで縦走されていることとその前に参加しないかとのお誘いがあったからである。
しかしテント泊装備で数日歩く山歩きをしていないので自信がなくてお断りした。
その後、こごせさんの案内があったので行ってみようとその気になった。このルートは04ー05ー02に歩いている。もう13年も前である。
最近まで大峠は道路工事が有って入れなかったとも聞いた。大峠に8:27到着し出発準備していたら三重県からの登山者17人が4台の車で右大阪府側から登ってきた。
我々と同じコースを歩くと言う、我々が先発した。

手前に見える右鳥居から高見山へ登るコースになる。高見山は樹氷を見る山として近畿では評判の山である。
上写真の右奥から縦走路に8:35取り付いた。右に登山届の箱があった。
20分も歩けば三角点があり公共測量三角点の表示がされていた。
9:10雲ケ瀬山1075mを通過する。この三角点からルートは右に急に
下がって行っており、間違って直進してしまい引き返した。
山ツツジのピンクが1本咲いていた。


(下)下左側に木梶川への広がりが見えていた、大展望である。

右後ろ側には高見山が見えていた。
10:20地蔵谷頭1285mを通過する。尾根道は左がコナラ類で右は杉植林で中央部を歩いて行く。コナラの新緑が易しい、明るい森になっている。
10:40伊勢辻(八峰越え)に到着する、確認する二人。

その先にツツジが咲く伊勢辻山1290mに到着した。
山名版を確認して南東面へ緩やかに下ると大展望が広がる、今日一番の展望である。
大展望である右前山、明神岳1432m、その左鞍部に明神平の山小屋が見えている。その左水無山1441.3m
、国見山1418.7m、左端は赤ゾレ山である。
(上)20分も歩けば左下に池が見えてきて歩いて行く、疎林になって山ツツジが目立っている。
11:16馬カケ場辻の標識を見て
引き返すことにした。
そ後、赤ツツジを入れて薊岳を撮った。その右奥には大峰の大普賢岳も見えていた。
姿が良い木の下で11:25昼食タイムとした。木の左にも小池が見える。木陰に入ると少し寒いので日当たりで食事した。

12:00、食後この右手に最初に撮った池があるが以前はもっと大きな池であったように思う。
奥の左斜面から赤ゾレ山目指して登っていく。
12:07赤ゾレ山の標識を見て
近くでバンダナショットを撮った。背景は国見、水無山方向であるが人物に隠れてしまっている。草原状態である。

(下)伊勢辻山方向を展望したら三重県の登山者の声が聞こえ
昼食を摂っているようである。
その遙か奥には葛城、金剛の山が連なって見えていた。
12:47伊勢辻山通過、三重からの登山者はもう先発して居なかった。13:08
地蔵谷頭通過、途中で三重の岳人を追い抜き13:33
高見山を左に見て歩き14:54大峠に到着した。
国学者本居宣長の高見山を歌った石碑を撮る。アップダウンやルートを間違ったりして草臥れたが涼やかな尾根歩きが楽しめた1日だった。企画運転感謝です。
TOPページヘ