阪急岡本駅、打越峠、住吉道、西お多福、一軒茶屋、芦屋川駅
年月日 2017−04−04
山域 六甲山系、東灘区
ルート 阪急岡本駅9:23〜登山口9:43〜山の神10:02〜打越峠10:31〜住吉道10:53〜出合10:58〜
分岐11:19〜鉄塔見ゆ12:10〜舗装道12:22〜六甲無線中継所、西お多福山12:33〜12:56
一軒茶屋13:28〜沢13:52〜土樋割分岐13:59〜東お多福山14:10〜雨ケ峠14:25〜風吹岩
15:12〜地獄谷右尾根〜高座の滝15:45〜阪急芦屋川駅16:20    単独
ルート概略図
春もたけなわになり住宅街の庭も花に彩られていた。サンシュユ、ユキヤナギ、モクレン
岡本駅から岡本神社の横を
登って行くと登山道入り口に9:43着いた。八幡谷に沿って登って行くと山の神の広場に着いた。
この先を左にジグザグの急登を歩いていたら3人組が先行して行った。
打越峠に着くと彼らは休憩していた。一息ついて先発して行く。
黒五谷では7人位の学生が道端で休憩していて声を掛けて先行した。
石畳の住吉道へ出て右折する。住吉川に沿って歩く事になる。
出合の先で住吉川への小崖を降りた。岩に簡易な橋があり右岸に渡った。
以前の増水で道はないものと思っていたがしっかりした道はある。上流に登って行くと沢に大石が配されて左岸からの渡渉地になる。このルートを歩くのは数年ぶりである、標柱がありそれを見ながら進む。
杉林を右から左へ巻いて登る。杉林の上側に出ると標柱があり西お多福山を目指して登って行く。

(下)馬酔木の白い花の奥前方に尾根が連なりどこが西お多福山かな?とワイドに写真にしたが方向が違った様である。アンテナが見えていない。
熊笹が刈られて歩きやすい道であったがその先は笹に覆われている、そして前方に鉄塔アンテナの最上部の白が中央に見えてきた。保安林地図案内もあり男性が昼食中で追い越して行く。
ブナの森峠の小径の表示がある、ブナ数本を確認した。
西お多福山周遊歩道になり前方にこんもりと数本の白椿が現れ綺麗に咲いていた。
この標識の左から右の舗装道へ出た。奥に一張の黄色テントが見えていた。
出会ったカップルさんに山頂はどこですか?表示は無いしアンテナの所ではないかと言う。アンテナに向かって歩いて行く。六甲無線中継所の建屋に行きつくが錠で入ることもできない。山頂の確認はできなかった。
六甲最高峰に向かって縦走路があるが車道を歩いて一軒茶屋を目指した。
12時も回っており裏側の広場で昼食を摂り、下山する。
沢へ降りつき土樋割峠を目指して左折する。
右側の工事中であった大砂防本庄堰堤の補強工事は去年秋に完成していた。
14:10東お多福山697mに到着した。誰もいない、標識のみ撮る。

(下)そこから海方向の展望であるが人の姿は見れなかった。萱はまだ新芽は少なくて枯れて見えていた。
14:25雨ケ峠通過する。
途中水場に寄り15:12風吹岩を通過する。地獄谷右尾根を下って行くとミツバツツジが他に先だって咲いていた。今日の行程ではまだ咲いたのは少なかったがここだけは多かった。
向かいに見える風吹岩へ登る中央尾根はそれなりに色づいてはいた。高座ノ滝15:45通過して下る。
時間記録に撮った写真に仲間のmさんが映っていた。
写真を摂り込むまで気付かなかった。
芦屋川沿いの道では桜は五分咲き程に咲いていた。
本日の本来の目標は六甲の地図を数日前に住吉道から岡本八幡宮までの間で落としてしまったのでもしあれば幸いと探したが発見できなかった。歩いたコースは朱色で塗っていたので愛着が湧いていたのであった。
数日経過しており残念であった。
TOPページヘ